So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

家族の軌跡~ダウン症の次男との10年 (4・完)母の“舞台” [時事]

大村由実(52)が自宅の一角に設けている「えほん文庫」の開館日には、大勢の家族が訪れる。定期的に開くママ会やイベントは、母親や子どもたちの憩いの場。「ここでたくさんの人たちと知り合い、交流が生まれた。ダウン症の剛輝を授かったからこそ」

 文庫は次男剛輝(10)を妊娠する直前に構想した。芝居を演じるために買い集めていた絵本を貸し出そうと、出産から3カ月後にオープン。今月で10周年を迎えた。

 15年前、由実は育児に専念するため、劇団を辞めた。長女真由帆(18)は当時3歳。長男晃央(15)を妊娠し、せりふを覚える余裕がなくなったからだ。

 衆目を集める演劇の舞台を降り、「自らの存在価値を見失った」。代わりに娘に夢を託そうとした。「ピアニストにしたい」「バレリーナになれるかな」。毎日、習い事へ通わせた。

 10年前、剛輝が生まれた。「障害のある子がどうしてうちに」。答えのない問いを繰り返した。家族は障害を気にしていなかったが、「家族に申し訳ないことをした」と思い詰めた。

 わだかまりの矛先は、真由帆と晃央に向かった。飲み物をこぼしただけでもいら立ち、きつい言葉で叱り付けた。しばらくして、真由帆は不登校になった。

 「私と向き合って」「私に期待しないで」。娘の声は、今でも耳に焼き付いている。「なんて駄目な母親なんだろう」。由実はますます自分を責めた。

 真由帆が立ち直り、高校へ進学した直後、夫の昌良(58)が失業した。再就職先が見つからない日々。家族が殺伐としていた時、支えとなったのがえほん文庫だった。

 オープンから1年の節目に、剛輝とともに新聞で紹介され、障害のある子の家族が訪ねてくるようになった。「もし剛輝がいなかったら、その複雑な胸の内を明かしてはくれなかっただろう」

 文庫の存在は口コミやメディアを通じて徐々に広がり、ブログのアクセス数は日に100人を超えるまでに。人の輪が広がるにつれて、「ダウン症の息子と私がここにいる意味」を確信した。

 再就職を諦めて起業した昌良は今年、金融機関が主催するビジネスプランコンテストで最優秀賞を取った。4月、家族総出で授賞式に出掛けた。壇上で夫は言った。「次男を特別支援学校に送り迎えしていた時にヒントをもらいました」。由実は初耳だった。うれしかった。1人背負い続けた家族への後ろめたさを、その一言が拭い去った。

 晃央は小学1年から相撲を始め、6年の時には県大会で優勝した。来春、市外の高校へ進学し、相撲を続けるつもりだ。「もしダウン症じゃなかったら、2人で一緒に稽古に通いたかった。剛輝の障害に対して思うことがあるとすれば、ただそれだけ」と話し、新聞に取り上げられることに釈然としていない。「俺たちは普通の家族で、特別じゃない」

 それでも由実は今、こう受け止めている。「剛輝は、家族一人一人の力を引き出してくれた。5人は互いに刺激し合い、支え合える家族に成長した」

 文庫には、障害のある子を授かったばかりの母親からも電話がかかってくる。10年前の自分のように絶望し、「人生終わった」と思っている人がいたら、こう伝えたい。「ここが始まりなんですよ」(完)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | -