So-net無料ブログ作成

親元離れ高校生活 島民50人祝福 熱海・初島 [時事]

静岡県内唯一の有人島、熱海市初島の市立初島中を今春卒業した萩原奏映さん(15)が5日、親元を離れて高校生活を送るため初島漁港から出発した。同校の教職員や家族、岸壁には島民ら約50人が見送りに集まり、若者の旅立ちを祝った。

 花束を手にした萩原さんが船に乗り込むと、色とりどりのカラーテープが船と岸壁をつないだ。島民らからは船が島を離れて姿が小さくなるまで、「元気でな」「頑張れよ」と声援が続いた。萩原さんも力いっぱい手を振り返して声援に応えた。

 萩原さんは併設の小学校と合わせ、児童・生徒が5人の同校で唯一の卒業生。6日から、三島市内の高校に通うという。萩原さんは「自分が(見送りを)やってもらう側になり感動し、うれしかった。今まではずっと学年で1人だったので、慣れないこともあるかもしれないが、勉強をしっかり頑張りたい」と新生活に向けて希望を膨らませた。

 見送りは、進学などで島を離れる生徒が出た場合に行う恒例行事。少なくとも数十年前から続いていて、多くの島民が経験しているという。

静岡新聞社
心が温まりました…
285
2
>> 返信コメント 2件
tho***** | 2017/04/06 10:49


頑張ってね(^-^)
193
4
おじさん 何某 | 2017/04/06 10:46


次の学校でも良い人に恵まれます様に~




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました