So-net無料ブログ作成
検索選択

中居正広退院で思い出す、24年前の「肺炎」は記者4人 [時事]

《先週の言葉》「入院とか久しぶりにしましたね。もう治ったんで大丈夫ですけど」

 肺炎と気管支炎で今月中旬に約1週間入院していた中居正広(44)が、28日に放送されたニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」内で詳細を語りました。血液検査で「軽い肝炎」と診断されたことも明かし「おかげさまで健康になりました」。

 入院の間、自身のレギュラー番組を休んだことがショックだったようで「体調を崩さなくても生きている人間だったのにな~。おかしいな~何がそうさせたのかな~」と戸惑いを隠せない様子。「ものすごい汗かいて、風邪かなと。本当にしんどくて」「おかげさまで健康になりました」などと話しました。

 実は、中居さんが肺炎で入院したのは今回が初めてではありません。20歳だった93年2月、インフルエンザを悪化させたことによる急性肺炎で都内の病院に入院し、10日間の入院を経験しています。当時の退院の模様を取材しているのですが、まだSMAPがブレークする前。芸能面のベタ記事扱いで、原稿に「SMAP(スマップ)」とルビがふってあるのも懐かしく感じます。

 今では考えられませんが、取材に来たのも、確かスポーツ紙4紙だけでした。仕事だった稲垣吾郎を除く4人のメンバーが病院玄関前で花束を贈る流れ。中居さんたちを待つ間、記者たちで「向こうの方が人数が多い」と雑談したことを覚えています。

 退院直後にもかかわらず、中居さんは私たち4人に「寒いところありがとうございます」と気遣ってくれました。記事を読み返すと、ベスト体重から4キロやせたとか「入院中はワイドショーばかり見ていて主婦みたいでした」とか、当時から過不足ないコメント力の持ち主だったことが分かります。病み上がりの人を2月の寒空に拘束するのも気が引ける私たちの空気を察し、「僕がいない方がメンバーたちがテレビで生き生きしてたのはなぜだ」と笑わせ「早く本調子に戻して、いつもの中居君らしく明るく頑張ります」と抱負で結ぶあざやかさでした。

 ベタ記事だったので写真はついていませんでしたが、撮った写真は本紙データベースに残っていました。庶民的な病院の玄関前で、左から森且行、草なぎ剛、中居、香取慎吾、木村拓哉の順に立っています。隣にじゃまな路上駐車の車が写っていたりするアットホームな写真で、中居さんは仲間からの花束をうれしそうに抱えています。この半年後くらいに、木村さんが「あすなろ白書」でブレークし、SMAP人気が急上昇。冠番組「SMAP×SMAP」が始まったのは、この3年後のことです。

 売れない時も、ビッグネームになった今も、メディアを通じてファンにきちんと説明する中居さんの姿勢は変わっていませんね。人柄とプロ意識に、あらためて感銘を受けるばかり。どうぞ無理をせず、お大事になさってください。

梅田恵子】

-----------------------------------
comments
> 去年の一年は異常だったものね。
事務所もちゃんとして欲しい。
あんなに大切にしていたSMAP…。
心も体も疲れちゃったんだよ。

4074 224

返信11
emi***** | 2017/01/30 07:51

疲れと安堵から体調崩したのかもね。気を使い過ぎもあるのかもね。
身体には気をつけて、楽しい番組楽しみにしてます。

3561 218

返信6
yuz***** | 2017/01/30 07:56

中居さん含めて元メンバーたちには
たまにはご自愛下さい。

2762 157

返信0
PAAP | 2017/01/30 07:59

中居正広は売れる前も売れた後も変わらないってことだ。その”人となり”がいい。

1222 34

返信2
wal***** | 2017/01/30 07:57

微笑ましいエピソードですね。
多分、歳はとっても本人達はそんなに変わってないと思うけど、取り巻く環境が大きく変わったんだろうな。と思う。

1136 24

返信1
un***** | 2017/01/30 07:59

やんちゃでも若いときから気遣いの人だったんだね。

1081 34

返信0
aka***** | 2017/01/30 07:51

寧ろそれ以降今まで体調崩してないのはさすがプロ。真似できない。

1004 28

返信1
man***** | 2017/01/30 08:09

中居は昔からできる奴だったんだな。

954 49

返信0
dor***** | 2017/01/30 07:57

この記事、なんかホッコリしますね。中居君の人柄って終生変わらないでしょうね。

966 30

返信1
ʕ•ᴥ•ʔ | 2017/01/30 07:50

あの頃はメンバーもファンも若かった




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年金支給「70歳から」に? ターゲットは団塊ジュニア世代 [時事]

1月5日に日本老年学会が行った会見にて、「高齢者は75歳から」とする提言がなされた。ワーキンググループにて座長を務めた大内尉義(やすよし)・東大名誉教授(老年医学)は「提言はあくまで医学の立場からのもので、財政的な問題は全く念頭にない」と断るが、年金の支給年齢引き上げを促す材料に用いられると懸念する声も上がる。

 経済アナリストの森永卓郎氏は、

「昨年、世界保健機関(WHO)が発表した15年の日本の健康寿命は75歳ですから、支給開始をそこまで引き上げるのは、さすがに無理でしょう」

 としながらも、

「厚労省は、実は70歳に引き上げようとしています。彼らが少なくとも5年ごとに年金財政の現況と見通しを公表する『財政検証』のうち、14年6月のレポートでは8つのケースが紹介されており、うち5つは65歳から69歳までの労働力率が66・7%に設定されていました。これは10人に7人が70歳まで働かないと厚生年金の所得代替率、つまり現役世代の手取り収入の何%を受け取れるかという数字が50%を保てない、との検証結果を意味しています。2030年度以降も、厚労省は3年に1歳ずつ引き上げて70歳に近づけようとしており、このペースでいくと、2045年度には支給開始年齢が完全に70歳となります」

 そのターゲットは“団塊ジュニア”だと指摘するのは、特定社会保険労務士の稲毛由佳氏である。

「彼らは就職氷河期を経験し、貧困が顕在化しています。非正規雇用のために厚生年金が積み上がっていない率が高く、また親世代の年金を頼りにするパラサイトも多い。現行のまま団塊ジュニアが受給年齢を迎えれば、支給額が20%近く減るのは必至で、それを避けるには支給開始年齢を引き上げるしかないのです」
■定年は延長といかず

 社会保険労務士の北村庄吾氏は、

「現在の年金制度は世代間扶養方式。現役の保険料で引退した人の年金を作っていて、それで足りずに国が不足分を捻出しているわけです。1960年当時は11人で1人を支えていたのが今は2・5人で1人、2050年には1・3人で1人になっていくのだから、システムがもつはずがない。どこかで抜本的な制度見直しをしないといけないのですが、それに手をつけると政権維持が難しくなるから、現状は株価対策をしつつGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用益で凌いでいるのです」

 今年から65歳以上にも雇用保険が適用されることになり、また確定拠出年金(DC)への加入も、個人型の対象が公務員や主婦などに拡大。企業型も中小企業向けに簡易制度が創設された。

「年金制度自体はすでに風前の灯で、だからこそ政府はDCを拡充した。年金も自分で作っていかねばならない時代に突入してしまったということです」(同)

 そんな日常と、いかに折り合えばよいというのか。先の森永氏が言う。

「支給年齢が70歳まで引き上げられても、世間は70歳定年制とはなりません。今でも65歳定年制を導入しているのは、ごく一部の大企業や優良企業、公務員のみです。現実には継続雇用の場合、60歳で定年を迎えてパートタイマーとして週3日とか、フルタイムでなく数時間とか、勤務を短縮する形でそれまでの給料の半分、あるいは3分の1程度を貰う。そんなスタイルが大多数を占めることになるでしょう」

 つまりは、働きながら年金程度の額しか手にできない暮らしが10年ほど続くというわけだ。で、

「収入が3分の1になるかも知れないのだから、まずは生活コストを下げることです。昭和35年の実質賃金は現在の5分の1でしたが、何とかやっていけました。ローンを抱えていない夫婦なら、月に10万円あれば食べていける。『高齢者層』に入る前に、こうした術を身につけておくべきです」(同)

 つくづく世知辛くなったものである。

特集「ついこの間までは後期高齢者が……突然『高齢者は75歳以上』提言は『年金受給』後ろ倒しの大陰謀?」より

「週刊新潮」2017年1月19日号 掲載
-------------------------------------------------------
comments
> 受給開始年齢を引き上げると
「自分はその年齢になる前に他界してると思う。払っても貰えないのなら損だ。なら納めなくてもいいや。」
という考えの若者増えて未納が加速する気がする。

11709 658

返信210
***** | 2017/01/24 08:18

その話でると思ってたが、ふざけてる。

9653 588

返信79
kkk***** | 2017/01/24 08:17

死ぬのを期待しているのか?
結局年金なんてあてにできないって事だよな。
今の世代なら80歳以上で初めて支給対象にするんじゃないの?

7324 449

返信42
sen***** | 2017/01/24 09:43

厚労省は何考えてる70歳支給にしたら支給期間が
5年~10年これでは50年支払い続ける意味がない
これは国家ぐるみの詐欺でしょ。

4115 145

返信34
ari***** | 2017/01/24 09:37

自分が払ってきたぶんだけで良いのではないでしょうか?
多くはいらないし、払ってない人にあげるのもなんか嫌だけど、 払ってぶんくらい返して欲しい

3672 184

返信45
hkc***** | 2017/01/24 09:53

だったら加入や解約も個人の自由化にして、解約した場合は今までの掛け金を返してほしい

3456 116

返信29
sun***** | 2017/01/24 08:21

そう言うとは思ってたけどね
予想通り過ぎて情けない国になってきたな

3386 151

返信21
***** | 2017/01/24 08:35

食事や生活習慣の変化で今の20代や30代は80歳まで生きてないと思うけどね。
だから、年金は払い損になりそう。

2895 184

返信13
大頑帝国議会 首相(YOSHI) | 2017/01/24 08:30

恐ろしい
国になりそう((((;゚Д゚)))))))

2507 105

返信16
mik***** | 2017/01/24 08:44

こうゆう記事みるといつも思うけど何故、現役世代にばかり負担を求めるのか…今の受給額も減らして欲しい。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

つんく♂さん、声を取り戻していた 喉頭ガンによる声帯摘出から2年 [時事]

シャ乱Qのボーカルで音楽プロデューサーのつんく♂さんが、喉頭ガンのため声帯を摘出したのは2014年10月のこと。その翌年4月に母校・近畿大学の入学式で、声を失ったことを発表した光景は、いまだ記憶に新しい。そのつんく♂さんが、いま食道発声法によって「意思疎通が出来るようになってき」たことを、1月18日発売の新潮45・2月号の特集「病の『人生学』」に寄せた手記で明かした。

 ***

 食道発声法とは、声帯を失った人が口や鼻から空気を取り込み、それを逆流させて、食道入口付近の粘膜を振動させることによって声を出す、という方法である。練習を要し、なかなか習得できないために諦めてしまう人も多いらしい。つんく♂さんも自分で試したときは全く音にならなかったという。しかしレッスンの最初の日に「あ」というような音が出せた。以来、練習を重ね、現在、騒がしい場所ではスマホのアプリを使って文字を書いて会話をしてはいるけれども、

「今は家族やスタッフとは何とか意思疎通できるようになってきました」

 と、記すのである。その声は「特殊な音質」で「雑音に弱い」が、静かな場所であれば、会話が可能なのだという。
 喉頭摘出者の先輩によって行われる食道発声のレッスンはネットや本とは違って分かりやすかったそうで、ものを「教える」立場から、「教わる」立場に変わって褒められることの素晴らしさを実感したという体験談は、いかにもつんく♂さんらしい。

 声を取り戻しつつあるつんく♂さんだが、やはりガン患者としてさまざまな思いに翻弄されてきたようだ。
 つんく♂さんは、ガンとわかる前から大きな病院の声帯専門の医師のもとに通っていた。それも「20年来同じ先生に診てもらって」いたが、シャ乱Q結成25周年記念ツアーのあと、声枯れが長く続いたため、検査してみるとガンと判明した。
つんく♂さん、声を取り戻していた 喉頭ガンによる声帯摘出から2年

つんく♂さんの他、治らないB型肝炎とともに生きる「石川ひとみ」さん、試合中の反則行為で失明した「中井祐樹」さんら8名は、病によって何かを発見し新しい人生を手に入れた――「新潮45」2017年2月号【特集】病の「人生学」

 つんく♂さんは、手記の中で、自身を診てくれる医師を過信し、セカンドオピニオンを「診てくれている医師に失礼」だと考えもせずにいたと反省する。治療中には「寛解」と言われて他の病院で検査したら、ガンが消えていなかった、ということもあった。だから、自身の医師を気遣いつつも、一人の医師だけでなく、セカンドオピニオンをもらう大切さを強調する。
 そして声帯全摘出に至ったつんく♂さんだが、今でも、

「もし、いろんな場面で別の選択をしていたら、今はまだ違う結果があったのかなぁ」

 と、考えてしまうという。ただ、

「声帯を失った今、不幸せかというと、決してそうでない」

 とも、つんく♂さんは記す。

 病気を発表したから、世の中に「たくさんたくさんのガンサバイバーの方」がいることを知ったし、術後数ケ月して通い始めた「食道発声の会」では、「人からモノを教わる新鮮さ」を感じた。病気のマイナスの面だけを見ていたわけではないのだ。
 最後につんく♂さんは書く。

「さあ、今日も楽しくいきますか!」

 その声を再びステージやテレビで聞く日も来るのかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。