So-net無料ブログ作成

<タクシー運転手>「強盗」にステーキおごり諭す 男自首 [時事]

兵庫県姫路市で3月、タクシー運転手から金を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂罪に問われた無職の男(25)の判決が14日、神戸地裁姫路支部で言い渡される。タクシー内で男は被害者の藤原和美さん(66)=同県明石市=から恐喝をやめるよう諭され、食事もごちそうになるうちに藤原さんの人情に心を打たれ、改心して自首していた。藤原さんは「これからが大事。強い心で社会復帰してほしい」と願っている。【原田悠自、待鳥航志】

 藤原さんは3月19日未明、姫路市の路上に車を止め、明石市から乗せた男に運賃約1万4000円を請求した。だが男は突然、髪をつかんで刃物のようなものを突き付け、「金を出せ」と脅してきた。藤原さんは「こんなことするな」と一喝。「悪いことをしているのが分かるか」と諭すと、興奮していた男は徐々に落ち着きを取り戻し、観念して身の上を話し始めた。

 男は刑務所を出た後、入所していた姫路市内の更生保護施設を抜け出していた。故郷の宮城県に帰る金がなく、事件に及んでいた。事件時の所持金は数十円だけ。藤原さんは近くのレストランで男にチキンステーキなどを食べさせた。「すみませんでした」と頭を下げる男。店を出て別れたが、警察には通報しなかった。男の境遇を知り、「可哀そうだ」と思った。男はその約12時間後、市内の交番に自首した。

 5月の初公判で男は事件について「記憶にない」と起訴内容を否認したが、その後の公判で「刑務所に行きたくなくてうそをついた」と罪を認めた。

 男は2011年の東日本大震災を経験し、交際相手を亡くしたという。被告人質問で「簡単に命が失われてしまうなら、その場しのぎで生きてもいいと考えるようになった。自分の生き方を変えた」と事件を起こした動機を述べ、藤原さんに「一からやり直した姿を見てもらいたい」と更生を誓った。検察側の求刑は懲役1年6月。藤原さんは「どんな判決も受け入れ、誠実に生き抜いてほしい」と見守っている。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地銀の年収トップは「810万円」、苦境で格差広がる? [時事]

バンカーの資質も変わってきている
 地方銀行の苦境が鮮明になっている。日銀のマイナス金利により預貸金利ざやが縮小、全国地方銀行協会によると、会員63行の2018年3月期業績は、経常利益は前期比7・6%減の1兆397億円、当期利益は同7・7%減の7270億円とそれぞれ2年連続の減少を見込んでいる。会長の佐久間英利千葉銀行頭取は「環境は依然として厳しい状況だ。こういう厳しい環境だと、逆に地元で貸し出しをしてしっかり収益を上げることも大事だ」と話す。

 そんな中、メガバンクの年収を上回っているのがスルガ銀行だ。ブルームバーグの集計によると、スルガ銀行が1531人の従業員に支払った年間の平均の給与は、賞与と基準外賃金を入れて810万6000円(平均年齢は42・5歳)で地銀首位。同行の平均年間給与はメガバンク最大の三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の三菱東京UFJ銀の773万8000円、みずほフィナンシャルグループのみずほ銀の744万5000円を上回っている。

 同行は1895年に設立、静岡県を中心に神奈川県、東京都、北海道内に133店舗を持つスルガ銀はユニークなビジネスモデルを持つ。個人が主な顧客で、住宅ローンやカードローンなどを提供、年利8%のロードバイク購入ローンなどの商品もある。マイナス金利の環境下でも同行の17年3月期の当期利益は5年連続となる過去最高を記録した。

 そのスルガ銀を上回り銀行全体で年収トップだったのが、三井住友銀行で814万8000円。同行は今春、金融業界を仰天させたトップ人事を行った。頭取に就任した高島誠氏は、入行時3年強の京都支店勤務以外、キャリアの大半は国際畑を歩んだ。特に米国勤務は通算11年半と長い。メガバンク頭取として異例のキャリアになる。

 ディスコの調査によると、理系と文系を合わせた就活生の志望業界は相変わらず1位が銀行。ただし、これから銀行の従来業務はどんどん人工知能(AI)に置き換わっていく。三井住友銀は邦銀で初めて行内照会業務にAIを導入した。求められるバンカーの資質も変わってくる。年収も同じ行内でも格差が広がるだろう。

--------------------------------------------------------------------------
>comments
>
一般職込みだとしたらけっこう凄い。

>> 返信コメント 15件
だんぺご | 20時間前
寝てるだけの国会議員がこの4倍もらってるのはどう考えてもおかしい

>> 返信コメント 5件
hir***** | 7時間前

サラリーマン平均の400万円少しと比べて倍もある。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カズに聞く、なぜ現役続ける? 神戸の4年半「大きな財産」 [時事]

サッカー元日本代表FWの三浦知良選手(横浜FC)。今季のJリーグ2部(J2)が開幕した2月26日に50歳の誕生日を先発で迎え、3月12日のザスパクサツ群馬戦では自身のJリーグ最年長記録を塗り替えるゴールを挙げた。ヴィッセル神戸で過ごした4年半を経て、プロ32年目の2017年も最前線を走り続ける“キング・カズ”。現役を続ける理由や、今も足を運ぶ神戸への思いを聞いた。(小川康介)


 -初の50歳Jリーガーとして大きな注目を集めている。

 「おばあちゃんから若い人まで、サッカーを知らない人にも『誕生日おめでとうございます』と祝福された。スポーツ選手としてはなかなかないことで、ありがたい。海外でもニュースになったけど、どう見られているんだろうね。サッカーをしている人なら、現役を続けることがいかに大変か分かってもらえると思う」

 -なぜ現役を続けるのか。

 「なんでやめないの? って思っている人も多いらしいね。すがりついているわけでも、つらくてやっているわけでもない。みんなとグラウンドに出るのが本当に楽しいし、僕を必要としてくれるチームがあって、自分の意欲もあるわけだから。サッカーが好きだってことは変わらないんですよ。現役選手として飯が食えて、こんなに幸せなことはない。続けられるものなら、ずっと続けたい」

 -「引退」が、すぐ背後に潜んでいる感覚はあるのか。

 「ありますよ、常に。体も部分的には本当に衰えている。50代といえば、適度な運動をしなさいという年代。それなのにこんなに追い込んで大丈夫かなと思うこともある。他の選手が6、7割でできる練習メニューでも、僕は全力。疲労度が違うし、回復も遅い。神戸から横浜に移籍したとき、あと2、3年で引退だろうと思っていた。あれからもう12年だもんね」

 -12年前と体はどう違うのか。

 「足首も腰も今までにない痛みが出ることがある。練習前の準備の時間、練習後のケアの時間が随分増えた。今は本当の意味でサッカー中心の生活しかしていない。正直、遊びたいですよ。遊ばないと色気がなくなってきちゃうもん。行こうかなと思うけど、やっぱりやめようと思い直している」

 -今もよく神戸を訪れる。

 「年3、4回は帰ります。集まる友人たちの顔ぶれ、行く場所は昔と何も変わらない。普段節制している分、神戸では“フィーバー”する。去年も(シーズン終了後の)12月はそうだった」

 -サッカー人生で神戸時代の4年半はどんな意味を持つ。

 「街の素晴らしさ、人の情熱に触れ、人間として大きくしてくれた。非常に大きな4年半だった。あの経験があったから、横浜FCでも頑張れている。移籍した当時、ヴィッセルは市民クラブだった。経営が大変で、最初の3年は幹部の人たちも『J2に落ちたら、行政から応援してもらえなくなるし、つぶれちゃう。サポーターもいなくなる』と話していた。(サッカーが文化として根付く)ブラジルで育った僕からしたら、なんでJ2に落ちたら応援してもらえなくなるんですかと思った。そこで始めたのが、選手が小学校を訪問する『夢で逢(あ)えたら』だった。お金をかけず、10年、20年と続けていくことで神戸が認知され、地元になくてはならないクラブになる。応援したいという子が1人でも増えたらという思いがあった」

 「2年前、神戸でのチャリティーマッチに出場したときに、いろいろな人に会えてうれしかったし、また神戸で試合ができたらと思った。あのスタジアム(ノエビアスタジアム神戸)が好き。こけら落としでゴールを決め、今でもベストゴールに入れている。神戸に対するひいき目もあるかもね」

 -今季の開幕戦後、60歳までやると話していた。

 「口からぽろっと出ましたけど、現実的に今のトレーニングを続けて60歳までというのは無理。50歳の今シーズンをどうやっていい1日、いい1年にするか。それしか考えていない。数字的なことよりも内容が一番大事だと思う」


 <みうら・かずよし> 1967年、静岡市生まれ。日本代表として国際Aマッチ89試合出場55得点。2001年から05年7月までヴィッセル神戸でプレー、同月横浜FCに移籍した。177センチ、72キロ。


■記者のひとこと

 話題が神戸時代に及んだとき、横でインタビューを聞いていたカズさんのマネジャーが「あのときは単純に楽しかったんだよね」とぽつり。本人も「神戸に帰る」という表現を用い、街への愛着をにじませた。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感