So-net無料ブログ作成
検索選択

地銀の年収トップは「810万円」、苦境で格差広がる? [時事]

バンカーの資質も変わってきている
 地方銀行の苦境が鮮明になっている。日銀のマイナス金利により預貸金利ざやが縮小、全国地方銀行協会によると、会員63行の2018年3月期業績は、経常利益は前期比7・6%減の1兆397億円、当期利益は同7・7%減の7270億円とそれぞれ2年連続の減少を見込んでいる。会長の佐久間英利千葉銀行頭取は「環境は依然として厳しい状況だ。こういう厳しい環境だと、逆に地元で貸し出しをしてしっかり収益を上げることも大事だ」と話す。

 そんな中、メガバンクの年収を上回っているのがスルガ銀行だ。ブルームバーグの集計によると、スルガ銀行が1531人の従業員に支払った年間の平均の給与は、賞与と基準外賃金を入れて810万6000円(平均年齢は42・5歳)で地銀首位。同行の平均年間給与はメガバンク最大の三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の三菱東京UFJ銀の773万8000円、みずほフィナンシャルグループのみずほ銀の744万5000円を上回っている。

 同行は1895年に設立、静岡県を中心に神奈川県、東京都、北海道内に133店舗を持つスルガ銀はユニークなビジネスモデルを持つ。個人が主な顧客で、住宅ローンやカードローンなどを提供、年利8%のロードバイク購入ローンなどの商品もある。マイナス金利の環境下でも同行の17年3月期の当期利益は5年連続となる過去最高を記録した。

 そのスルガ銀を上回り銀行全体で年収トップだったのが、三井住友銀行で814万8000円。同行は今春、金融業界を仰天させたトップ人事を行った。頭取に就任した高島誠氏は、入行時3年強の京都支店勤務以外、キャリアの大半は国際畑を歩んだ。特に米国勤務は通算11年半と長い。メガバンク頭取として異例のキャリアになる。

 ディスコの調査によると、理系と文系を合わせた就活生の志望業界は相変わらず1位が銀行。ただし、これから銀行の従来業務はどんどん人工知能(AI)に置き換わっていく。三井住友銀は邦銀で初めて行内照会業務にAIを導入した。求められるバンカーの資質も変わってくる。年収も同じ行内でも格差が広がるだろう。

--------------------------------------------------------------------------
>comments
>
一般職込みだとしたらけっこう凄い。

>> 返信コメント 15件
だんぺご | 20時間前
寝てるだけの国会議員がこの4倍もらってるのはどう考えてもおかしい

>> 返信コメント 5件
hir***** | 7時間前

サラリーマン平均の400万円少しと比べて倍もある。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感